ミャンマー:チベット・ビルマ系民族の南下から近世まで

この記事は約8分で読めます。

ミャンマーの多民族国家という側面を理解するために、紀元前からこの地域で何が起きていたのか掘り下げます。

主な位置関係

紀元前~9世紀:ミャンマーの起源とピュー王国

現在のミャンマー地域に暮らす人々の祖先は、紀元前後までに、中国系王朝の拡大から逃れて、チベット地方から南下してきたチベット・ビルマ系の民族と言われている。(諸説あり)

これらのうち、エヤワディ河流域に住み着いた人々の集落は、紀元前2世紀ごろにひとつの連合体となりピュー王国となった。

その中心地が現在、世界遺産登録されているピエ(Pyay)の都市群であり、ヤンゴンの北北西200キロぐらいのエヤワディ河河畔に位置する。当時はまだエヤワディ・デルタが形成されておらず(ヤンゴンは海)、河口に位置した港湾都市として7~9世紀ごろ(時期については諸説あり)まで続いたとされている。

なお、ピュー王国形成以前、東南アジアでは既に「インド化」が進み、インド様式・文化・宗教が統治に利用されることで、各河口において作物集約・中継地として自然形成された集落が政治組織化=港市国家化していた。現ミャンマーのエヤワディ河口、シッタン河口、サルウィン河口、現タイのチャオプラヤー川流域の地域には既にモン族(先に到着していたモン・クメール系の人々)の港市国家があった。

モン族は、(周辺民族では仏教が興る前から徐々に広まっていたであろうヒンドゥー教が一般的であるのに対し、)紀元前からスリランカと交流があり上座部仏教を信奉するようになっていた。紀元前2世紀にはモン族がスリランカの仏塔の開山式に参列したとの記録があるとのことである。ピュー王国は、版図を広げる際、モン族より上座部仏教を取り入れ、敬虔な仏教徒となり多くの仏教文化や遺跡を今のミャンマーにも残している。

1世紀には、エジプト・アレクサンドリアのギリシア人商人が『エリュトゥラー海案内記』を著し、ヒッパロスの風=モンスーン・季節風を利用した航海法を紹介しているように、この頃から欧州・インド・中国の海洋貿易が増加し、ピュー王国は、インドと中国を中継する場所として大変栄えた。

ピュー王国は、656年(後のパガン王朝の記録)又はそれ以降9世紀ごろ(中国側の記録)には崩壊した。7世紀ごろから急速にエヤワディ・デルタが形成されたため、元々河口にあったピエの都市群は内陸に取り残されるとともに、モン族やインド商人が新しいデルタに集落を作るようになったことが衰退の主因と考えられている。

7世紀~11世紀:ミャンマー地域・周辺の情勢

ピュー王国の人々は、エヤワディ河口の支配を失ったため、インドと中国の陸路貿易に活路を見出し、北方へ移動した。チベット方面からは引き続き移民が来ていたため、彼らとの混合により、後にパガン王朝を起こすこととなるビルマ族のまとまりが形成された。(諸説あり)

同じ頃、北方では、現在の中国・雲南地域に、738年、チベット・ビルマ系の南詔が唐により雲南王に冊封された。9世紀前半には唐の国力衰退とともに国力増進、南方面へ侵攻したが、902年には内紛・権力闘争により滅亡した。937年、雲南地域には、漢民族・白族の大理が成立した(大理石の産地)が、1253年、モンゴル・元の侵攻により滅亡した。雲南地域はそれ以降、中国領となり現在は中国の雲南省となっている。

北東では、現在のタイ北部のチェンマイあたりに、7世紀~13世紀に、モン族のハリプンチャイ国(女王国)が栄えた。

東方では、現在のタイ・バンコクを中心としたチャオプラヤー川流域で、海のシルクロードにより交易が促進され、6世紀からモン人のドヴァーラヴァティー王国が栄えた。ドヴァーラヴァティー王国は、10世紀に東のクメール王国から攻め込まれ、ラヴォ王国として存続したが、11世紀にクメールに一時支配された。

また、沿岸部のエヤワディ河口やシッタン河口のハンタワディ(後にペグー、そして現バゴー)やタトゥンでも、モン族の集落が栄えていた。

なお、西方はアラカン山脈により遮られ、現在のインド・マニプール州とその周辺に存在した諸王国や、現在のミャンマー・ラカイン州に存在したラカイン王国とは一定の交流はあったが基本的には分断されていた。

11世紀~13世紀:パガン王朝の成立と衰退

大理、ハリプンチャイ、ドヴァーラヴァティー・ラヴォ、クメールに囲まれる中、1044年、ピュー王国の中心であったピエをエヤワディ川沿いに北上した地点にある河畔に、ビルマ族がパガン朝を建てた。

建国の王・アノーラタは、屈強な4人の武将を率いて、周辺地域を征服した。征服は、アンダマン海に面してモン族が港市国家を形成していたエヤワディ河口、シッタン河口や、タイ・チャオプラヤー川流域まで及んだ。

モン族の上座部仏教僧侶・シンアラハンを招き、上座部仏教を取り入れ、その他多くの文化を取り入れた。それまではビルマ文字はなく、サンスクリット語(ヒンドゥー教、大乗仏教)、パーリ語(上座部仏教)、モン語を利用していたが、三代目のチャンシッタ王の時代に書き言葉としてのビルマ文字が完成した。王国行政・司法の最高機関としてHluttawが設置され、”Hluttaw”は現在の国会の名前として使われている。

13世紀ごろには、パガン朝とクメール王国がそれぞれ内紛により混乱している隙に、雲南地域からやってきてそれまでクメール王国の支配を受けていたタイ系の勢力が反乱を起こし、1253年、チャオプラヤー川中流域にスコータイ朝が成立した。なお、同時期1292年には、スコータイ朝より北、現在のチェンマイあたりに、同じタイ系のラーンナー王国も成立した。

パガンと元が雲南地域南部の諸集落の支配をめぐり争ったが、最終的には1287年、パガン朝が元に服従した。これにより、各地でパガン朝の支配を受けていた諸民族がパガン朝を離れた。シッタン河口のモン族は、1287年、スコータイ朝の援助を受け、ペグー朝を成立させた。

14世紀~17世紀:パガン王朝衰退からタウングー朝まで

1312年には正式にパガン朝が解体し、パガン朝末期に臣下の兵として頭角を現したシャン族のティハトゥにより、パガンをエヤワディ川沿い更に北上した河畔(現マンダレー)で、ピンヤ(Pinya)朝が成立した。また、ティハトゥの長男ソーユンは、1315年にエヤワディ川を挟んでピンヤの向かいに、サガイン(sagaing)朝を成立させた。

これらは二つとも、1364年、北方のマオ・シャン族の攻撃を受けて滅亡したが、1364年にSagaing朝系のアヴァ(Ava)朝が建国(現inwa)された。

パガン朝が倒れて以来、ビルマ族は南東のタウングーに逃れ、1347年にタウングー朝を建てた。

15世紀末から貿易発展によりマラッカが隆盛を極め、タウングーの下流・シッタン河口のペグー朝はコメの輸出地、東西の貿易中継地として栄えた。次第に、木材、宝石、コメ等の生産地であったシッタン河上流地域のタウングーが経済力をつけて栄え、1539年、タウングー朝がペグー朝を併合した。また、1555年、バインナウン王がアヴァ朝も併合した。

チャオプラヤー川流域では、1351年に、スコータイ朝の南のチャオプラヤー下流で、別のタイ族がアユタヤ朝を建国。米・獣皮・象牙・綿花・香辛料などの輸出を行う港市国家として力をつけ、1432年には、東のクメール王国を滅ぼした。また、1438年には、上流のスコータイ朝を併合した。

タウングー朝は、1558年に東部のラーンナー王国(現在のタイ北部)、1569年に南東のアユタヤ朝(現在のタイ中部広域)を侵攻し一時支配した。

こうして16世紀の一時は、北は中国・明朝の接し、東はタイ・ラーンナー王国、今のラオス、カンボジア地域の一部を含むアユタヤ朝まで支配しする強大な王国となった。

17世紀〜19世紀初:タウングー朝衰退からコンバウン朝末期まで

タウングー朝は、アユタヤ朝との激しい戦いの末に1590年、アユタヤを失った。その後は、内紛が続き国力が衰退した。

1740年、重税に苦しむペグーの住民が反乱し、1752年、タウングー朝の当時の首都アヴァが陥落し、タウングー朝は滅亡。しかし、同年、コンバウン朝建国者・アラウンパヤ王が早々に撃退し、現在のマンダレー北部・シュエボーを新首都とするコンバウン朝を建国した。

再度のアユタヤ征服に固執した時のシンビューシン王は、1767年にアユタヤを攻め滅ぼし、アユタヤ朝は滅亡した。

当時、アユタヤ朝の知事職にあった華僑のタークシンはアユタヤ朝滅亡後にアユタヤに戻ると、街が破壊され尽くされていたので、チャオプラヤー川下流のトンブリー(現在のバンコク近く)で、トンブリー朝を建てた。次第にタークシン王が乱心して部下に殺されたところ、アユタヤ朝、トンブリー朝で将軍だったラーマ1世が、1782年、現在に連なるチャクリー朝を開いた。

同じ頃、北方の明朝との戦線が拡大しており、1774年、それまでコンバウン朝が支配していたラーンナー王国がトンブリー朝の支援により独立した。ラーンナー王国は後にチャクリー朝の支配を受け最終的に消滅した。

このようにコンバウン朝はアユタヤ朝を滅ぼしたが、アユタヤ朝が支配していた地域を継続的に支配することはできなかった。

西方では、1785年、内紛により治安の悪かったラカイン王国をコンバウン朝が併合した。なお、ラカインの北側の、現在のインド・マニプール州には諸王国があったがコンバウン朝の支配を受けていた。

イギリスなど欧米列強の植民地主義が本格的に牙を剥く19世紀を迎える時、このように現在ミャンマーの地理的骨格が出来上がっていた。

(参考)

  • 「新版世界各国史5 東南アジア史 」(石井米雄、桜井由躬雄編)
  • 「東南アジア世界の形成」(石井米雄、桜井由躬雄)
  • 「歴史物語ミャンマー」(上下巻)(山口洋一)
2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました