金融

経済全般

ミャンマーの金融包摂の状況

はじめに(Making Access Possible: MAPについて) ミャンマーにおける金融包摂(ファイナンシャル・インクルージョン)に向け、国連資本開発基金(UNCDF)などが、2014年からMaking Access Po...
金融

ミャンマー金融政策の枠組み

2013年ミャンマー中央銀行法の成立 2013年7月、ミャンマー中央銀行(CBM)は、財務省から分離され、一定の独立性を持った中央銀行となりました。CBM法では、CBMの目的として以下を上げています。 国内の価格安定性を確保し...
金融

トランスファーワイズがもたらしたことを本当に理解するために

トランスファーワイズがすごい 海外送金をする際には銀行にごっそり手数料を取られます。 でも、技術革新がそうした状況を根本的に変えようとしています。今、急速に存在感を増しているトランスファーワイズ(Transferwise)や類...
金融

約10年ぶりの金利引下げの理由は?チャット相場も

2020年3月12日、ミャンマー中央銀行(CBM)は約10年ぶりとなる金利引下げに踏み切りました。 CBMは2012年3月以降、中銀金利を10%に保っており、これを基準に市中銀行の預金金利の下限は8%、担保あり貸出しの上限は13%と...
現地のこと

保護中: 2月第一週

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
経済全般

国際送金のしくみをざっくり解説

日本からお金をミャンマーに届けたい! そんな時には、①円かドルを現金で物理的に持っていく、②銀行送金、③それ以外、の方法があります。 ①は少額しかダメです。②は時間がかかるし手数料も結構取られます。③はTransferwise...
経済全般

保護中: 12月2週のメモ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
経済全般

ミャンマー国内のお金の流れはどうなっているか(資金循環図)

先進国では大体資金循環統計という統計が各中央銀行により作成されている。 これは、ざっくりいうと、金融資産の最終的な保有主体である家計(国民)が、その金融資産をどのように運用・保有し、他の各経済主体に使われているかの全体像を記述する統...
経済全般

ミャンマー企業のコーポレート・ガバナンスの現状

ミャンマーの事業環境は近年急速に整備されて来ているが、2018年8月の新会社法施行、オンライン登記システムの稼働はその最たるもの。現地コンサル曰く、これにより新しい会社の設立、スタートは格段に簡単になったとのことである。 ちょうど、...
金融

保護中: 9月9日の週-コーポレート・ガバナンス

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
タイトルとURLをコピーしました